私の好きな理論




人的資本論

ゲーリー・ベッカー教授が考案した理論です。なんだかトンチの様な理論ですが、ノーベル経済学賞を受賞した偉い人の理論です。



例えば2億円を年利3%で運用したら600万円の利息を生みます。一方であなたの年収が600万円ならその600万円も2億円に匹敵する何かから生まれていることになります。それはあなたの人的資本(資産)であり、働くという価値は思ってるより大きいのです。



今はピケティさんがリターン>グロースと金融資産の大事さを説いていたり、セミリタイアを目指してる人が多かったりと、労働=苦役になってます。もちろん私も仕事は嫌いですが、年収を年利で割りもどしてみるとやはり大きな金額になるので、頑張って働こうかなぁと自己暗示をかけてます。



コメント

このブログの人気の投稿