保有中の投資信託について






ようやく投資信託を購入


2016年くらいから「三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド」毎月一定額を買い付けています。この頃は低コスト投信普及のとば口にあり、投信ブロガー界隈でもよく話題に上っていたと思います。






乗り換えた理由

  • 低コスト投信の普及:先程述べた通り十分に安いコストの投信が普及してきました。私の場合は三井住友DC〜が出てきたのがきっかけです。
  • 自動定額積立が楽:ドル建てETFは①円をドルに替える②ETFを購入する、と2ステップ必要でそれぞれに時間がかかります。また昔は成り行き買いもできませんでした。投信は初期設定のみでOKで楽です。
  • ドルコストの効果大:ドル建てETFはある程度の金額規模で買わないと手数料負けしてしまいます。その為私は年2回ボーナス時期しか変えておりませんでした。投信ですと月1(今は毎日でも)ペースで買い付ける事ができます。



デメリットも

2重課税を回避できない:今は仕組み上できません。必要以上に税金を払う事になります。ただこの状況は今後改善されるようです。外国税額控除の事は別記事にしたいと思います。



コメント

このブログの人気の投稿