不動産について③ 住宅ローンというレバレッジ




借金をして資産規模を膨らませると、その分利益または損失が膨らみます。




レバレッジの例 


預貯金2000万で2000万円の物件を購入した場合、
地価が20%上昇→物件価格2400万円となり、利益20%(400万円÷2000万円)です。
地価が20%下落→物件価格1600万円となり、損失20%(-400万円÷2000万円)です。



一方で、預貯金2000万に加えて住宅ローン2000万円を借りて、4000万円の物件を購入した場合、
地価が20%上昇→物件価格4800万円となり、利益40%(800万円÷2000万円)です。
地価が20%下落→物件価格3200万円となり、損失40%(-800万円÷2000万円)です。

※株式投資等の場合も同じです。レバレッジを効かせた分だけ利益・損失が倍増します。



レバレッジは諸刃の剣です


先日の投稿で記載した通り、不動産投資を選択した時点でハイリスク・ハイリターン寄りです。また持ち家という選択をしたら更にハイリスク・ハイリターンに寄ります。その上レバレッジをかけると更にもう一段階ハイリスク・ハイリターンに傾くと自覚が必要です。



コメント

このブログの人気の投稿