保険について①




投信ブロガー界隈では常識となってますが、保険は使い方を間違えると余計な出費をしてしまう事になります。三大支出の一角ですので取り扱いを誤ると大きな出費になってしまいます。





基本は保険は保険、投資は投資、です。


保険料の一部を保険会社が投資運用して返戻金や満期金で還元される商品は経済合理性があるとは言えません。投資運用する必要があれば自分ですればよいのです。投資運用する必要がなければ純粋な保険商品を買えばよいのです。



次の検討事項は、確率と経費です。


「万が一」が10000分の1なのかもっと確率が低いのか高いのかを確認すべきです。そしてその確率に見合った経費なのか(支払う保険料のうち何%が純保険料で何%が経費なのか)を確認すべきです。

私は子供が小さいので生命保険(10年)には加入しておりますが、他には加入しておりません。余裕資金はインデックス投資などで運用し、医療費などの出費は公的制度や預貯金で賄うつもりです。健康保険ありがとう。


コメント

このブログの人気の投稿