保険について② 医療保険は健康保険だけ




医療保険について補足します。私の周りではなぜか医療保険は人気があります。




そもそもですが医療費を直接負担する保険(組合健保国民健保の7割負担など)は民間医療保険ではほどんどありません。
一番よくあるのが入院や通院した際に一日10000円くらいが支給される所得補償型保険です。
一方で一般的なサラリーマンの場合、所得補償は既に用意されているケースが多いのではないでしょうか。



  • 会社の制度:私の勤め先では傷病休暇と傷病休業の規定があり、取得期間中も給与は支給されます。(ざっくり2年まで80~100%支給)


  • 公的な制度:会社の制度が無くても、健康保険の傷病手当金制度があります。(一般的には1年半まで給与標準の3分の2を支給)



民間医療保険が必要になるのはこれらの制度ではカバーしきれない場合と考えます。
私の考えでは、会社と公的な制度で十分と考えますので医療保険は契約しておりません。



コメント

このブログの人気の投稿