外国税額控除




外国ETF(VT、ACWI等)を保有している方は経験されていると思いますが、複雑で面倒な外国税額控除について書きます。





外国ETFの2重課税問題


例えばVTの場合、分配金が出るとアメリカで10%課税されて、日本でも20%くらい課税されています。つまり10%分余計に課税されてしまいます。

ちなみに売買益はアメリカでは課税されませんの問題にはなりません。



取り戻し方


確定申告時に外国税額控除を行うと10%を上限にいくらかが所得税から差し引かれます(計算は死ぬほど複雑です。国税庁の申請コーナーで自動計算して貰います)。この手続きは慣れると事務的に処理できますが、初年度は相当大変な目にあいます。しかし手続きを頑張ると数万円返ってくるのでここは頑張るべきです。一応やり方は証券会社のHP等に記載があります。



投資信託における状況


投資信託の場合は仕組み上2重課税されっぱなしで取り返す方法はありませんでした。が、ようやく今後は2重課税を解消する仕組みが出来上がるようです。

ただ、ファンド内で適正額が源泉徴収されて購入者は何もしなくてもよいのか、ETF同様に確定申告が必要なのかは、はっきりしません。

※また所得税から差し引くという特性上、NISA口座であったり無分配のETFには関係ありません。







税金と手数料を払わない事が最高の資産運用という意見もあります。地味で面倒な作業ですが情報交換しながら頑張りましょう。

コメント

このブログの人気の投稿