ジュニアNISA




投資を始めた当初はETFをスポット買いしておりましたが、ここ数年は投資信託のドルコスト投資を継続してます。
徐々に慣れてきて、家計全体で200万円/年程度の投資を行っています。内ジュニアNISA枠投資は50万円/年くらいです。



次世代へ資金移行


ジュニアNISAはその名の通り、名義は子供です。つまり緩やかな贈与となります。非課税枠がもったいなくて使っている所もありますが、次世代に資金を移行させている所が結構気に入ってます。
私の子供は2010年代~2100年代くらいを生きる事になると予想されます。そして居住地であろう日本は少子高齢化で、私の子供世代は割を食い続ける事になると予想しています。正直、下駄を履かせてあげないと相対的に割に合わないと思います。


成人した時点で数百万円という金額を持たせる事は賛否両論があります。私も不安はありますが、現時点では私からの教育と子供の理解を信じて積立続ける事にしています。
インデックス投資を勉強すると人間の寿命と資産の寿命の違いに気付き、いかに長い期間運用するか(いかに早く始めるか)が大切だと気付きます。成人した子供が、自分自身は既に20年選手で相当なアドバンテージを持っていると気付いてくれたらとても嬉しいです。


私は特別裕福になりたい訳ではありませんが、子供が選挙権を持つ年齢になって、若者優遇政策を掲げる政治家にダメ元で1票を投じようとしている姿を見た時、私もその政治家に1票投じられるくらいには資産を築いていたいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿